キリンノックスの独り言

キリンノックスの独り言

無益な独り言を書くサブブログ。

おれは頑張っているのだろうか。人生はどれくらい頑張ったら良いのだろうか。

f:id:kirinnox:20200123200313j:plain

 

散文だけど、ここは散文用のブログだからそのまま吐くよ。

 

妹に会った。

東京の暮らしは大変らしい。

東京は生活コストが高いのだろう。

そのために、絶えず金を一定以上稼ぐことを求められる。(気がする)

地方と同じ年収ではとても住めないだろう。

おれは東京は嫌いだ・・・

www.kirinnox.com

 

東京での暮らしぶりを聞くと、すごいなーがんばってるなーと思う。

そんな話を聞いていると、どうも自分はあまりがんばっていないのではないかと思う。

 

 

そうでなくても、昔から、事あるごとに、おれは人に比べて頑張っていないのではないかと思ったりもする。

大人が頑張るというのはもちろん、金を稼ぐということだろう。

 

 

世の中には頑張っている人と頑張っていない人がいる。

 

 

おれは、やりたくないことはやりたくない。

 

本当は働きたくないけど、金のために働いている。

でも、働きたくないから、人より働いている時間は少ない。

そんなおれは「もっとがんばらなければ」という脅迫観念に時たまさらされる。

 

 

休日。

もちろん、頑張っている人も昼間まで寝ているかもしれない。

おれも昼間まで寝ていたい。

というか、実際寝ているのだが、罪悪感みたいなものを感じて、楽しくない。

 

 

人並みに働いていないのに、人並み以上に寝ている。

人並みに働いていないのに、人並み以上に食っている。

 

 

そんなことを考えて気分が悪くなってくる。

そんなおれは、きっと、ニートとか、フリーターとか、本当は向いてないんだろうね。(働きたくないという気持ちはあるけど)

www.kirinnox.com

 

 

そして、嫁に「おれもっと頑張らないといけないよね」と言ってみる。

 

 

「頑張ってるじゃん」っと言われる。

 

 

ありがたい。

 

 

本当にありがたいけど、それでもおれは本当に頑張っているのだろうか。

もっと頑張れるのではないのか?

人生はどれくらい頑張ったら良いのだろうか。

 

 

おれには全くわからない。

 

 

必要な分だけ稼ぐミニマリストの気持ちは非常によくわかる。

頑張って、身を粉にして働いた先に一体何が待っているのだろうか。

 

 

しかし、そんなことを言ってみても、現実問題として金の問題は、シビアだ。

世の中の人間関係は利害関係ばかりだ。

東京の話を聞くと、本当にそんな感じがする。

 

 

頑張らなければいけない。

しかし、何を?

なんのために?

生きるために?

何のために生きる?

いや、本当に頑張らなければいけないのか?

 

 

わからない。

 



お問合せフォームプライバシーポリシー