キリンノックスの独り言

キリンノックスの独り言

無益な独り言を書きます。

失敗すると思ってやるから失敗する。できると思ってやるからできる。

f:id:kirinnox:20191117113350j:plain

 

かっこいいタイトルを書いていますが。

 

ハエの件ですw

 

昔は飛んでるハエを撃ち落とすことができたのに、できなくなった。 - キリンノックスの独り言

 

なんと、今日、空中で撃ち落とすことに成功しました。

 

しかも2匹

 

1匹目を仕留めたあと、やっぱりブンブンしているので、「とどめを刺すべきだったか?」と思ったら、死骸はちゃんと転がっていました。

 

ハエの飛行ルートが結構狭かったため、その辺一体をめがけて3回フルスイングしたところ、手応えを感じました。

 

今思えば、昨日は「あたらないかも・・・」と思いながらスイングしていたように思います。

 

しかし、今日は、明確な意思を持ち「絶対当てる!」という気持ちでスイングしました。

 

不思議なもので、昨日は当たらなかったとき、「やっぱり当たらないよな。」という気持ちでしたが、今日は当たらなかったとき、「スカった?!」という感覚がありました。

 

野球のバッターボックスに似ています。

 

誰もが球に当たると思ってスイングするので、当たらなかったとき、球の感触を受けずに暖簾に腕押し的な感覚になると思います。

 

しかし、最初から「当たりっこない。」と思って振るとき、無意識か、意識するかはわかりませんが、スカることを予期したような振り方をしてしまう。

当たらない事を前提に、スカったバットが吹っ飛ばないように力を抜いて振ってしまう。

そんな振り方では当たらない!

 

どうせ当たらないという振り方は当たらないのだ!

 

人生も同じだ。

 

こんなの無理だよなぁ・・・と思いながらやったことは、無意識にブレーキがかかり、「やっぱり無理だった」となる。

 

「絶対うまく行く」そう思って振り下ろしたハエたたきは、むしろ手応えがないことに違和感を感じるようになる。

 

それを繰り返したとき、はじめて命中するのだ。

 

 



お問合せフォームプライバシーポリシー