キリンノックスの独り言

キリンノックスの独り言

無益な独り言を書くサブブログ。

いつからか、僕は、過去と未来を生きて今を生きるのを辞めてしまった。

f:id:kirinnox:20200123200419j:plain

 

今日はこの3本です。 

 

 

 

夜にひげを剃るニート


ブラウン メンズ電気シェーバー シリーズ9 9293s 5カットシステム 密着3Dヘッド 人工知能 自動調整 水洗い お風呂剃り可 シルバー

 

コロナ休暇だぜ

っとか言っていられるのも今のうちか。

正直コロナは怖いし、コロナによる世界恐慌も怖い

 

怖すぎて、最近、よくわからない悪夢を見る。

 

いとこに時給を聞いたら8000円で、度肝を抜かれた夢。

職場に40万払え。って言われる夢。(なぜ)

イチロー(野球選手)と追いかけっこして、手加減してくれて捕まえられた夢。(?)

 

それはそうと、仕事が休みだと、ひげを剃らない。

そして、夜、風呂に入ったときに、髭が伸びていることに気づき、寝る前に剃る。

ヒゲが伸びてると気持ち悪いからだ。(風呂に入るまで気づかない)

 

働いていると、朝剃るが、働いていないと、夜剃る。 

それだけ。

 

 

 

やる気も能力のうち


なぜ「やる気」は長続きしないのか―心理学が教える感情と成功の意外な関係


結構何度も言っている話です。

「おれは才能じゃなくて努力でのし上がった」と言う人がいる。

おれは、努力できる才能も存在すると思っている。

やる気や努力できる能力も才能の一種だと考えている。

 

 

つまり、「努力でのし上がった」と言う人は努力でのしあがったのではなく、努力できる才能でのし上がったのだ。

 

エンド。

 

 

いつからか、僕は過去を考え、未来を考え、今を生きるのを辞めてしまった。

f:id:kirinnox:20200421222525j:plain

子供の頃は、もっと今を生きていたように思う。

それは、過去そのものが少なく、そして未来を想像する能力や経験も少なかったからだ。

 

 

しかし、30歳を前にして、過去は増え、未来を想像する能力を会得してしまった。

何かが起こったり、思考したりすれば、それに付随する過去の出来事が1つや2つ脳裏をよぎる。

 

 

さらに、ふとした時に、過去の出来事を思い出すのが多くなる。

 

 

その理由は「過去」そのものが増えて来ているからである。

 

 

そして、未来を想像する能力や経験を会得してしまった。

 

 

「想像する」というと、良い能力な感じだが、決して良いことばかりではない。

 

 

来年度の税金や、仕事の流れを想像するようになった。

あまり楽しい想像じゃない。

 

 

出掛けた先の風景や、そのときの体の疲れ高速道路の料金を想像するようになった。

想像して、だいたい先が読めて、家を出る前に満足してしまう。

 

 

小さい頃はこんなんではなかった。

 

 

ワクワクしながら車に乗って、窓の外の景色を見て、そして、目的地についてはじめて、目的地を見たのだった。

 

 

今は、出かける前に全てを脳内で見てしまう。

なんなら、グーグル・アースで全てを見てしまう。

 

 

想像力と、過去の経験を合わせることによって、大体その場所、その経験が見えてしまう。

 

 

結果、おれは「今この瞬間の体験」を失ってしまった。

 

 



お問合せフォームプライバシーポリシー