映画「マトリックス」は映画「インセプション」のコマのような存在。午後3時半の空は少し暗い。歩幅。

今日はコチラの3本です。

 
 

歩幅

f:id:kirinnox:20200501161424j:plain

最近は自粛自粛でめっきり外に出なくなりました。

 
なんか、腱鞘炎が、一日で治ると思ったら、全然治らなかったので、左手一本で書いています。
 
昔この、側溝の蓋を見ながら下ばかり見て歩いていました。
 
小学生の頃は、1,5個分の歩幅でした。
そして、高校生、大学生の頃は2個分の歩幅だったように思います。
そして、今は、1,5個分の歩幅です。
 
体力の衰え。
運動不足。
わずか30分歩いただけで、頭くらくらで倒れそうです。
 
 
 

午後3時半の空は少し暗い


宇宙はなぜ「暗い」のか?

 
一面の青空なのに、少し暗い。
 
前々から思っていたけど、午後の空は、影が長くなって、世界が少し暗く感じる。
 
www.kirinnox.com
 
っあ。この記事ちょうど1年前に書いたのかぁ。懐かしい。
とにかく、午後4時付近は世界が少し、ノスタルジックに感じる。
 
 
 

映画「マトリックス」は映画「インセプション」のコマのような存在


マトリックス(吹替版)

 
そんな、ノスタルジックな街を歩いていたら、現実感がなくなって、もやもやとした感覚になった。
 
「起きているのに夢の中にいるみたいな感覚になったことは無いか?」
マトリックスはいたるところにある、仕事をするときも、納税するときも、それを感じる事ができる。」
 
 
映画「インセプションでは、主人公コブが、ヒロインのモルに永遠に回り続けるコマを使って「この世界は現実じゃない」というアイディアを埋め込む。

インセプション (吹替版)

 
そして、インセプションの世界では、「死」をもって非現実から目覚める事ができる。
そして、現実を非現実と思ってしまったモルは・・・
 
 
しかし、この現実が本当に現実かどうかは誰にもわからない。
モルは皆が現実だと思って疑わない「現実」から1人だけ目覚めた可能性もある。
 
 
「もし夢から醒めないとしたら、現実と夢をどうやって区別する?」
 
 
映画「マトリックス」のすごいところは、見終わったあと「この世界が現実ではないかもしれない」という考えを視聴者に埋め込むところだ。
 
 
それは誰にも証明することはできない。
「水槽の中の脳」
「世界五分前仮説」
のように
ja.wikipedia.org
 
 
星新一のショート・ショートにこのような話があった。

星新一 ショートショート1001

星新一 ショートショート1001

  • 作者:星 新一
  • 発売日: 1998/12/01
  • メディア: 大型本
 

 
死者と会話できる装置が開発され、死者は「死後の世界は最高だよ!みんなコッチにおいでよ。」と言う。
信じる者は自殺し、信じない者は生き残ったという。
 
 
しかし、この世界が現実なのかどうかと同様に、死後の世界があるのかないのかすらも、誰にもわからない。
 
宗教や、神の存在を誰にも否定できないように、人智を越えたモノを証明したり、反証したりするのは不可能なのである。
 
 

コメント

  1. little_strange より:

    星新一のその作品、読みました!
    信じるという能力が欠けた者だけが生き残り、これからの世界を作っていく、というラストが印象的でした。

  2. kirinnox より:

    お!読みました!?
    思想によって生死が分かれるというところがめっちゃ面白いですね。
    そのあとの世界かなり疑心暗鬼になりそうw

タイトルとURLをコピーしました